トップページ >八女茶 智彗庵 > レシピページ

八女茶 智彗庵

  • お客様の声
  • レシピ
  • Q&A

このお店のトップへ戻る

おいしいお茶の淹れ方講座 〜煎茶編〜

お茶の旨み、甘み成分はお湯の温度が低いほど溶け出します。玉露ならではの旨みを味わうため、お湯を50℃〜60℃程度まで冷まし、2〜3分待って淹れましょう。
茎のさっぱりとした甘みが特長の白折。高めの温度のお湯で淹れればさっぱりと、温度を低くすればまろやかな甘みが楽しめます。
お茶村の深蒸し茶は焙煎を強くし、こうばしく仕上げているのが特長です。こうばしい香りが立つよう、少し高めの温度のお湯で淹れるのがお勧めです。

pagetopへ